同じものを食べて、身寄りに至るツボ

わたしが得意なことは、料理をすることです。現在婚姻しまして、父親のためにガッツリと食べることができるフードを考えるようにしています。現在作ってみて美味しかったフードは、フライパンで組みたてるビビンバです。男性がまるまる野菜が好きではないのですが、ビビンバに混ぜてしまえば苦手なニンジンやもやしもパクパクと食べて取れる。フライパンひとつで、そんな本格的なビビンバができるのか。というぐらいおいしくて、コチュジャンを入れるっておアドバイザーが止まりません。
鋭く、胃袋を読むことが父親の気持ちをつかむことになると言われていますが、あの発表は本当です(笑)。私の食品が美味しいと言って、父親は少なく帰ってきてくれるようになりました。外での外食も減ったように思います。何一つの違う状態で育ってきた双方が、家族になるのは難しいです。同じ好機を共有して、同じチャレンジを通じて、同じものを食べながら私たちは家族になって出向くんだろうなと思います。http://xn--o9j9gld7a6328agnct3cu39bqc0h.xyz/