マンゴー隠れ家!

自身は居残る南アジアに4時期半分住んでいたことがありまして、当然暑いナショナリズムですから南国の果実が何だかんだありました。その中でもマンゴーが気に入ってしまいました。日本にいる時は生のマンゴーはほとんど食べた事が無く、時々缶詰や乾き存在くらい。ところがそこで暮らしてからは、マンゴーのピークになると一年中食べれるので必ずやリッチなインプレッションでした。種目もいろいろあってひとときもずれているので楽しかっただ。特におわりごろに食べれる「ルマーニ」と言うのがおいしかった!!フィールド語だと想うんだけど。合間にナイフを入れて円を描き、つまり切込みを混ぜるのです。それから両手で上げ下げを保ち、ひねるとパコンときれいに貰えるんです。中間の大きな根本はえぐって捨てて、後はスプーンでたべるだけ。残る皮はお椀のようになり、ゴミ箱へポイだ。他のマンゴーより繊維レベルが厳しく、快適でいやに軽々しくて一年中朝ごはんにしていました。暑いのでちょうどいいのです。ここからご記載下さい。xn--hmb-6b4b4f7kmb6a7t2a5id.xyz